カンナビジオールの取扱説明書

CBD は大麻取締法で捕まるのか?日本独自の複雑な法律について

CBD は大麻取締法で捕まるのか?日本独自の複雑な法律について

法律について知りたい人
法律について知りたい人

「CBD って大麻由来の成分だけど法律の観点でいったらどうなっているの?もし捕まるようなことがあったら取り返しがつかないから詳しく教えてほしい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

矢作

CBD は大麻草の茎と種から抽出されたものが法律で許されているのです♪

それじゃあ、CBD に関連する大麻取締法について説明していくよー!

この記事でわかること

  • 大麻取締法について
  • 国内で CBD 製品が販売できる理由

大麻取締法とは?

大麻取締法は大麻の所持、栽培、譲渡等に関する日本の法律です。

CBD にもっとも関わりのある条文がこちら。

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

e-Gov法令検索

この条文を受けて CBD は大麻取締法で違反となるのでしょうか?

CBD は大麻取締法違反になるのか?

結論からお伝えすると CBD は大麻取締法違反にはなりません。

しかし、それには条件があるのです。

茎と種から抽出した CBD は合法

大麻取締法で除外されている部位から抽出された CBD を使用した製品であれば何の問題もありません。

  • 大麻草の成熟した茎及びその製品
  • 大麻草の種子及びその製品

つまり、日本国内で流通している CBD 製品はすべて、上記の部位から抽出した CBD を使用しているのです。

逆をいえばそれ以外の部位から取れた成分はすべて違法となります。

それ以外の部位は違法

成熟した茎と種子以外の部位というのは花穂や葉っぱ、根っこなどのことを指します。

これらの部位から抽出された CBD はすべて、日本国内では大麻取締法違反となるのです。

では、その部位はどのように判断しているのでしょうか?

部位はどのように判断するのか?

製品化されたものでは見分けがつかないので、基本的には部位を判断することはできません。

しかし、それでは花穂や葉っぱ、根っこなどから抽出された CBD も輸入できてしまうことになります。

だからこそ CBD 製品の輸入には特別なルールが設けられ、日本で禁止されている成分が輸入できないようになっているのです。

通関した CBD 製品は安全である

輸入の際には特別なルールが設けられているので、通関した CBD 製品は基本的に安全であるといえます。

では、特別なルールとは一体どういうものなのでしょうか?

法律に基づいた書類を提出している

  1. 原材料の使用部位の証明
  2. CBD の分離製造プロセスの証明

CBD 製品を日本へ輸入する場合、厚生労働省など然るべき組織に上記の書類を提出します。

成熟した茎もしくは種子から抽出した CBD であること、そして抽出した原材料の写真などを提出して初めて輸入が認められるのです。

だからこそ通関した CBD 製品は安全であるといえます。

個人輸入はリスクが大きい

上記で説明した通り日本へ CBD 製品を輸入するには特別なルールが適用されるので、基本的には個人輸入をした場合にも法律に基づいた書類を提出しなければなりません。

書類を提出しなかった場合どうなるのか?

事前に書類を提出していない場合は税関より通知書もしくは電話で連絡がきます。

内容は「違法成分が含まれている可能性のあるものが到着したので、然るべき書類を提出して違法ではないものだと証明してください」というもの。

違法ではないという証明ができなければ輸入をすることができず、すでにメーカーやショップに入金をしている場合でも返金してもらえないケースもあります。

万一、THC などの違法成分が含まれていた場合には逮捕されてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

逮捕されてしまう可能性もある

違法成分が含まれたものを輸入しようとして逮捕されたというニュースを見たことがあるかもしれませんね。

それが意図的であろうとなかろうと、違法成分は違法成分なのでどちらにしても逮捕されてしまう可能性は拭えません。

CBD 製品においては THC が検出されてしまうと違法成分になってしまいますが、その場合は大麻取締法で捕まってしまうのでしょうか?

THC が含まれていたら大麻取締法違反?

実は THC が含まれていたら 麻薬及び向精神薬取締法違反になってしまうのです。

麻薬及び向精神薬取締法違反になる

THC というのはテトラヒドロカンナビノールといって、マリファナに含まれるカンナビノイドのひとつです。

国際条約では向精神薬に関する条約、規制物質としては付表Ⅱ・第1種向精神薬、日本法では麻薬取締法が適用されます。

非検出レベルの THC ならセーフ

当たり前のことですが CBD 製品から THC が検出されなければ輸入は可能です。

微量の THC が含まれていたとしても、検出できないレベルであれば問題ありません。

非検出レベルの THC がセーフというのは、七味唐辛子や鳥の餌などに含まれる麻の実と同じルールです。

詳しくは「0.3% 未満なら合法?THC が含まれた CBD 製品について」をご覧ください。

そもそも茎と種子には THC が少ない

麻の実となる産業用ヘンプの種子には THC が少ないので、私たちが口にする七味唐辛子を食べてもハイになったりはしません。

もしかしたら辛さでテンションが上がる人もいるかもしれませんが、七味唐辛子に微量に含まれた THC でハイになることはないのです。

矢作

以上が日本独自の大麻取締法という複雑な法律についてでした♪