カンナビジオールの取扱説明書

CBD アイソレートとは?通販でのおすすめ製品や使用方法

CBD アイソレートとは?通販でのおすすめ製品や使用方法

アイソレートを知りたい人
アイソレートを知りたい人

「CBD 製品について調べているとアイソレートって言葉を見かけるけど、CBD アイソレートってどういったものなの?使用方法やオススメの製品があるなら教えてほしい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

矢作

CBD アイソレートっていうのは産業用ヘンプから CBD だけを抽出したもので、オススメは VMC の CBD パウダーです♪

それじゃあ使用方法などを説明していくよー!

この記事でわかること

  • 失敗しない CBD アイソレートの選び方
  • CBD アイソレートの使い方
  • 高濃度 CBD の摂取方法

まずは CBD アイソレートについて、もう少し掘り下げた説明をします。

アイソレート(isolate)= 単離

アイソレートという言葉は、単離、隔離、分離、孤立、絶縁といったような意味を持っています。

ですので産業用ヘンプから CBD だけ単離させたものを、CBD アイソレートというのです。

つまり、CBD そのものということになり、含有量は 99% 以上になります。

CBD 含有量 99%

CBD アイソレートは測定可能な量の CBD 以外のカンナビノイドや植物原料を含みません。

限りなく高純度に精製されたものになるので CBD の含有量というのは 99% 以上になるのです。

では、どのように CBD だけを単離させているのでしょうか?

超臨界 CO2 抽出法

超臨界 CO2 抽出法

CBD は主に超臨界 CO2 抽出法で抽出します。

超臨界 CO2 抽出法というのは、二酸化炭素を用いた超臨界抽出のプロセスのことです。

CBD の抽出方法について

超臨界 CO2 抽出法はコーヒー豆からカフェインを抽出したり、医薬品関係なら薬効成分の抽出にも適用されている抽出方法です。

CBD アイソレートの種類

産業用ヘンプから CBD を単離させたものなので、CBD アイソレートに種類というのはありません。

ただ、原材料となる産業用ヘンプにはさまざまな種類があるので、株や産地による違いというのはあるといえます。

CBD パウダーや CBD クリスタルなどと呼ばれているものが CBD アイソレート製品のほとんどです。

それでは CBD アイソレートの具体的な使い方について説明していきます。

CBD アイソレートの使い方

  1. そのまま摂取する
  2. CBD リキッドを自作する
  3. CBD オイルを自作する

CBD アイソレートは経口摂取と蒸気摂取のどちらでも使用可能です。

まずはそのまま摂取する方法を見ていきましょう。

そのまま摂取する

もっとも手間がかからない取り入れ方になります。

料理や飲み物に入れる

アメリカでは CBD を加えたコーヒー、レモネード、カクテルなど飲み物を提供しているレストランがあったり、ビーガンフードカフェでは CBD 入りのスイーツが販売されています。

また、TV 番組では大麻を食材にした料理番組「クッキング・ハイ」が放送されたり、「CBD を使った料理のレシピを紹介するウェブサイト」などもあるので、料理に入れる際の参考にしてみてください。

日本ではオーガニック・ヘンプビールが買えたり、ヘンプ料理専門ダイニングがオープンしたり、食べ物や飲み物と一緒に摂取できる選択肢が徐々に増えつつあります。

CBD アイソレートは無味無臭なのでどんな料理や飲み物にも取り入れることができますが、もちろんそのまま口に入れて摂取していただいても構いません。

オリジナル CBD 飲料の作り方オリジナル CBD 飲料の作り方

益母草(ヤクモソウ)に混ぜる

ヤクモソウは Marihuanilla(マリフアニヤ)とも呼ばれ、婦人科疾患に適応する生薬です。

このヤクモソウと一緒に CBD アイソレートを紙巻きタバコのペーパーに包んでタバコのように吸います。

燃焼補助剤がないので燃えにくいですが、CBD アイソレートを摂取する選択肢のひとつとして最適です。

ガラスパイプで摂取する

紙巻きタバコのように摂取するよりもガラスパイプを使用した方が手軽に CBD アイソレートを楽しめます。

ただ、見た目が良くないので好き嫌いははっきりするでしょう。

オススメなのは Ploom TECH(プルームテック)のような見た目の専用ヴェポライザーです。

オススメは専用ヴェポライザー

オススメは専用ヴェポライザー

CBD アイソレートや固形ワックス、ジェルワックスなども吸える Airistech 社の airis Quesar というヴェポライザーが手軽でオススメ。

また、「CBD リキッドのアトマイザーは何を選べばいいのか?」でお伝えした通り、VAPE(電子タバコ)の RDA というアトマイザーでも摂取することが可能です。

CBD リキッドを自作する

CBD アイソレートは汎用性に優れているのでオリジナルの CBD リキッドを作ることができます。

CBD リキッドの濃度を上げる

CBD リキッドに CBD アイソレートを入れれば濃度を上げることが可能です。

ただ、10% 以上になると溶けきらなかったり、溶けても再び結晶化してしまうことがあるのでご注意ください。

PG(プロピレングリコール)で作る

PG とは VAPE リキッドを構成している有機化合物で、食品や医薬品に用いられることもあります。

無味無臭の油状液体なので CBD との相性は非常によく、好きな濃度で CBD リキッドを自作することが可能です。

MCT オイルで作る

MCT(Medium Chain Triglyceride)オイルは中鎖脂肪酸のことで、ココナッツオイルやパーム核油から中鎖脂肪酸だけを抽出したオイルです。

PG よりも CBD が溶ける量が多いので高濃度 CBD リキッドを作るのに打って付けといえます。

VAPE リキッドで作る

既製の CBD リキッドに好みのフレーバーがなければ、お気に入りの VAPE リキッドに CBD アイソレートを入れましょう。

ただ、VAPE リキッドに含まれる PG の量によって CBD が溶ける量も変わってくるのでお気を付けください。

CBD オイルを自作する

CBD リキッドが自作できるのであれば、オリジナルの CBD オイルも作れます。

食用油に入れる

CBD オイルにはオリーブオイルをベースにしたものがあります。

エゴマ油や亜麻仁油など、自作の CBD リキッドのように好きな食用油に入れてください。

オリーブオイルは医学的に健康に良いとされているのでオススメです。

ソース世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

さて、ここまでで CBD アイソレートとは何か?使い方や用途などご理解を深められたでしょうか?

最後に CBD マスターがオススメする CBD アイソレートをご紹介いたします。

VMC 和みアイソレートがおすすめな理由

  1. 日本の CBD 業界を牽引している
  2. スイス政府公認種を使用
  3. パウダーが細かい

VMC 和みアイソレートをおすすめする理由は上記の通りで、「メーカー・原材料・製品」に絞って3つの理由としてお伝えします。

それではまず販売店について。

1. 日本の CBD 業界を牽引している

VMC(VapeMania CBD Dispensary Store)

VMC(VapeMania CBD Dispensary Store)は2017年にオープンした日本初となる CBD ディスペンサリーストアです。

早くから CBD リキッドの販売に力を入れるなど、CBD の普及活動に多大なる貢献をしてきたショップになります。

CBD 業界を牽引してきたお店がこだわり抜いて、満を持して販売に至ったアイソレートだからこそ手放しでおすすめできるのです。

2. スイス政府公認種を使用

pure 社

産業用ヘンプのアウトドア畑、インドア栽培施設、抽出工場、研究所まで一貫して所有しているヨーロッパでも最大手クラスの CBD メーカーである Pure 社。

現地の環境豊かな大自然で育ったヘンプはスイス国が唯一認定するヘンプ種を使用した CBD アイソレートです。

コロラドやオレゴンの CBD に比べてみると明らかな品質の違いがわかります。

3. パウダーが細かい

VMC 和みアイソレート

これは写真じゃ伝わりにくいかもしれないけど、鼻息で飛んでいってしまいそうなほど粒子が細かいです。

つまり、他社の CBD アイソレートよりも CBD オイルや CBD リキッドを自作しやすいということ。

ヤクモソウに混ぜて吸うときもガラスパイプで摂取するときも気化させやすく、どのように使っても扱いやすい製品であるといえます。

以上が VMC 和みアイソレートをおすすめする理由です。

矢作

そういったわけで CBD アイソレートは VMC オリジナルの和みがおすすめです♪