カンナビジオールの取扱説明書

CBD に危険性はあるの?安全な使い方とリスクの回避方法

CBD に危険性はあるの?安全な使い方とリスクの回避方法

危険性について知りたい人
危険性について知りたい人

「CBD って大麻由来の成分だけど危険性はないの?安全な使い方とかリスクの回避方法があるなら教えてほしい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

矢作

安心してください、CBD に危険性はほぼありません♪

それじゃあ CBD の危険性について説明していくよー!

この記事でわかること

  • CBD の危険性について
  • 安全な使い方
  • リスクの回避方法

CBD に危険性はない

基本的に CBD に危険性はありません。

大量摂取しても死なない

大量摂取しても死なない

a fatal dose of marijuana would require in fifteen hundred pounds in fifteen minutes

Weed: The User’s Guide

厳密にいえば大麻で死ぬことはあります。

とはいえ、15分で1500ポンド(約680kg)相当を消費しなければ致死量に達しないので、大量摂取しても死なないといえるでしょう。

ソースWeed: The User’s Guide

依存の危険性はない

CBD に依存性はありません。

これは WHO(世界保健機関)が断言していることであって、乱用の症例もないことが確認されています。

CBD に依存性はあるのか?WHO(世界保健機関)の見解CBD に依存性はあるのか?WHO(世界保健機関)の見解

たばこやアルコールよりも安全

研究により大麻は「たばこ」や「アルコール」よりもリスクが低いことがわかっています。

危険性があるとすれば大麻がというよりも THC がという話になりますが、CBD だけで見ればさらに安全性が高いといえるでしょう。

ソースnature

CBD の安全な使い方

続いては CBD の安全な使い方についてです。

副作用を把握する

CBD には副作用がありますが、これはかなり限定的です。

血友病患者」と「グレープフルーツと飲み合わせが良くない薬を服用している人」は気を付けてください。

CBD の副作用については「CBD に副作用ってあるの?摂取の前に知っておくべきこと」に詳しく書いたので把握しておきましょう。

CBD に頼りっきりにならない

CBD を摂取すると痛みを助けてくれることがあります。

痛くなったら CBD を摂取するというのは間違っていませんが、痛みが進行していることに気付かない場合があるのです。

痛みの原因を根本から直してくれるものではありませんので、CBD に頼りっきりになるのは止めましょう。

リスクの回避方法

それでは最後にリスクの回避方法です。

日本製の CBD は買わない

これでもう迷わない!あなたにピッタリな CBD 製品の選び方」でもお伝えしました通り、日本製を謳っている CBD 製品は避けた方が無難です。

日本国内で CBD を抽出することはできませんし、わざわざ日本製を主張するのは消費者を欺く行為といえましょう。

海外製品は THC に気を付ける

日本製の CBD 製品は避けた方が無難ですが、海外製品の個人輸入も控えた方がいいでしょう。

万一、THC が多く含まれているものを購入すれば、麻薬及び向精神薬取締法違反ともなりますし、リスクが大きすぎます。

それではどうするのが一番なのかといいますと、日本国内の信頼できる販売店を選ぶことが重要です。

信頼できる販売店を選ぶ

CBD 製品を取り扱う販売店が増えてきましたが、少なくとも2年以上の販売実績のあるお店なら間違いないでしょう。

多くの CBD 製品を取り扱い、CBD の豊富な知識や情報を持ち、たくさんのレビューが集まる販売店は信頼に値します。

個人的には実際に利用している「VapeMania」さんと「ENDOCA」さんがオススメ。

信頼できるメーカーを選ぶ

信頼できる販売店が取り扱う CBD メーカーなら、信頼に値するといってもいいでしょう。

ちなみに実際に私がお世話になっていて、CBDnote でもオススメしているメーカーは下記の通りです。

  • PharmaHemp
  • Endoca
  • CBDfx
  • Koi